2009-12

11 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 01

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えりりんインタビュー

2009-12-01 (Tue) 20:51[ 編集 ]

091201091201


4月からテレビ東京系で放送中のアニメ「ジュエルペット」。そのヒロイン・紅玉りんこ役を声優初挑戦となる“モーニング娘。”の亀井絵里が熱演している。アフレコ収録後、亀井にインタビューを行い、収録が始まってから数カ月たった近況などを語ってもらった。

本作は、サンリオとセガトイズが共同開発した同名玩具のアニメ化作品。瞳が宝石になっている魔法の国の住人“ジュエルペット”のルビー(声・齋藤彩夏)と出会ったりんこが、行方不明になったジュエルペットの仲間捜しを手伝いながら成長していく姿を描いている。


――りんこを演じ始めてから半年がたちましたが、振り返っていかがですか?

毎回毎回緊張しているせいか、あっという間の半年間でした。でも、最近は共演者の皆さんの演技を本番中に落ち着いて聞けるようになりましたね。今までは自分のことで精いっぱいで、周りが見えていなかったんですけれど、皆さんの演技をきちんと聞けるようになって、あらためて自分はすごい人たちの中でやらせていただいているんだなって感じました。


――声優という仕事には慣れましたか?

最初は声だけで表現することが難しかったんですが、少しコツをつかめた気がします。りんこがよく言う「エーッ!」っていうセリフでは、叫ぶ前に思いっきりブレスをして、その叫び声に命を懸けるつもりでやると、しっくりくるようになるんだって分かってきました。最近では、そういった面白い声を出すのが楽しくなってきましたね。でも、今まで分からなかったことや、できなかったことがクリアできるようになると、「じゃあここはどうすればいいんだろう?」と新しい悩みが出てくるようになってしまって(苦笑)。あとは滑舌が課題ですね。大事な言葉のアクセントの付け方は、前よりも分かるようになったんですけれど、感情が入ると気持ちが先走っちゃって滑舌が悪くなってしまうんです。言いづらいところを台本にチェック入れたりして、気を付けるようにしてます。学校の宿題はやったとしても前日にやるタイプだったんですけれど(笑)、台本は頂いてからすぐにチェックして読み込んでいます。


――収録現場の雰囲気を教えて下さい。

皆さんとお話ができるようになりました! 初めのころは、アフレコ中に分からないことがあっても、そのまま時間が過ぎてしまっていたんですけれど、今は皆さんとお話できるようになったので、「あそこ大丈夫?」とか話し掛けてくださったり、自分も分からないところを聞けるようになりました。おかげで安心してマイクの前に立てています。特にルビー役の齋藤彩夏ちゃんは同い年で、仲良くなりました。“モーニング娘。”としてずっとグループで活動していたので、1人の仕事だと心細かったのですが、ほかの方としゃべれるようになったのですごいうれしいです。


――10月からりんこが実際に魔法を覚えて使うようになりましたが、りんこに変化はありましたか?

すごい重大な仕事をやるようになって、責任感が強くなったと思います。「うん」とか「はい」という短い言葉でも、前はオロオロしていたんですが、今は責任をもってしっかり返事をしていますね。前向きになって、魔法を使う瞬間の顔とかもキリっとしてて。周りの仲間から励ましの言葉をもらって、どんどん強くなっていくりんこが格好いいなって思います。背中を押してもらってできることってあると思うし、わたしもりんこに背中を押されることがあるんですよ。


――今後の展開で期待していることを教えて下さい。

りんことルビーがもっと深いきずなで結ばれればいいなと。最近はりんこが死んでしまうんじゃないかと思うくらい、危うくてドキドキするシーンがあるんですが、そういうときにルビーが必ず助けに来てくれるんです。りんこはルビーに振り回されっ放しなんですけれど、確実に2人の中は深まってきていますね。これから本当の家族みたいな感じになれればいいなと思います。あと、注目しているキャラクターはキング! キングって面白い声でしゃべるから、収録中も笑ってしまうんですけれど、キングの言っていることってすごい切ないんですよ。そのギャップが良くて、すごい格好いいのでぜひ皆さんも注目してほしいです。演じていく上では、りんこの王子様にあこがれている乙女な部分をもっと演じてみたいです。晃くんとディアンがりんこの取り合いをしている状態なので、そのモテモテな状態をもう少し味わっていたいなって(笑)。


――りんこはよく“白馬の王子様”を話題にしますが、亀井さんの“白馬の王子様”像は?

動きとかお肉に無駄がない感じ(笑)。すべてがスマートで、物事を有効に使う天才肌なイメージです。でも実際にそういう人がそばにいたら、自分の出来の悪さを感じて嫌だなぁって思っちゃいますけど(笑)。


――好きなアニメや、尊敬する声優さんはいますか?

「美少女戦士セーラームーン」を昔よく見ていました。魔法少女って、女の子だったら絶対あこがれるじゃないですか。だから、自分も今りんこで魔法を使えるのがすごくうれしいです。尊敬する声優さんは、「ジュエルペット」の声優の皆さん。皆さんの演技、声、姿勢のすごさにじかで触れて、いつも感動しています。尊敬しているし、あこがれでもあります。


――10月28日には“モーニング娘。”の最新シングル「気まぐれプリンセス」が発売されましたね。

女の子は乙女なのでいろいろ忙しいけれど、もっと恋愛とか仕事、勉強を頑張って、本来の自分が持っている物をさらけ出して楽しくいこうよ、という前向きな曲。“ロシアンロック”をテーマに、コサックダンスを取り入れています。あと今回のポイントはお尻! 衣装のお尻のところに穴があいているんですよ。“大胆なちょいエロ”を目指しています。でも歌詞が大胆過ぎて……最初にレコーディングで歌うときは恥ずかしかったです(笑)。


――“モーニング娘。”としての活動もあってお忙しいと思いますが、最近オフの時間はどうやって過ごされていますか?

寝るのが好きなので、オフの日は寝ていますね。あと今はDVD鑑賞にハマっています。今まで集中力が持たなくて映画が見られなかったんですけれど(笑)、最近は見られるようになりました。“モーニング娘。”のメンバーがよく映画の話をしているので、私も見たDVDの話をしたりなんかりして。でも DVDで見ているから、「今さらその映画!?」とあきれられています(苦笑)。


――今後、声優以外で新たに挑戦したいことは何ですか?

ファッション雑誌に出たいです。アイドルってファッション雑誌に出ているイメージがあまりないじゃないですか。でも女の子だし洋服が好きだから、ずっと出てみたいって思っていて。「かわいい」って男性から言われてもうれしい言葉ですけれど、同性に言われるともっとうれしいんです。ファッション雑誌に出て、もっといろいろな女性の方に見てもらいたいですね。りんこみたいに魔法が使えたら、今あるファッション雑誌のモデルの顔を自分に変えて、疑似ファッションモデル体験をしてみたいです(笑)。


――最後にファンへのメッセージをお願いします。

小さい子って、誰でも“魔法を使いたい”という気持ちがあるはず。この「ジュエルペット」を見て、みんなで一緒にそういう気持ちになって、世界に浸ってくれたらいいなと思います。あと、自分では1話1話成長してると思っているので、「亀井、成長してますよ!」って応援して下さってる皆さんに伝えたいですね。メンバーから離れて1人で心細かったりするけれど、ファンの人が応援してくださるから頑張れる。これからも亀井の成長していく姿を見ていてもらえたらと思います!



「亀井、成長してますよ!」ってえりりんも言ってるけど、ほんとうだと思う!
最初はね、やっぱ声を聞いてても「えりりん」の声だったの。
でも「りんこちゃん」の声になった。

それは、耳が慣れたとかじゃなく、えりりんが努力して成長したからなんだなぁ
・・・って、思うんです。

テキトーって言われてるえりりんだけど、ちゃんと努力してる。
そのギャップがすごく素敵でかっこいいと思う!!!

テキトーにできるまでの努力とか経験があるからこそ、だもん。


あと、「ファッション雑誌に出てみたい」これは是非応援したいっ☆
芸能人のこの春のファッション!・・・とかのコーナーでもいいから、
とにかくまずは出て欲しい!!

>「かわいい」って男性から言われてもうれしい言葉ですけれど、同性に言われるともっとうれしいんです。
かわいい!!!えりりんかわいい!!!!!!
これはわたし、言い続けて早・・・7年近くになるよww
オーディションの頃から言ってるwww

>メンバーから離れて1人で心細かったりするけれど、ファンの人が応援してくださるから頑張れる。これからも亀井の成長していく姿を見ていてもらえたらと思います!
これからもずっと、えりりん一筋で応援していくし、えりりんの成長をみていたい☆
えりりんが頑張ってるところを見ると、ヲタ的にもプライベート的にも
「頑張らなきゃ!」って思えるから。


だいすきだよ~えりりんっハート
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。